シアリスの併用禁忌

シアリスが服用できないケース

病気の症状によっては服用できないことも

EDの改善に高い効果の見られるシアリスですが、誰でも自由に利用できるわけではありません。現在の病気や服用中の薬の種類によっては、重篤な副作用が表われるリスクがあるため、利用できないことがあります。現在、何らかの病気を患っている人は、その病気の内容によってはシアリスの服用ができない可能性もあります。カゼ程度の軽い病気であれば、シアリスの使用に特に制限はありませんが、それでもカゼであることを医師に伝え、指示をしっかり守って適切に服用してください。また、血液、肝臓、腎臓、陰茎に病気がある場合は服用できない場合があるので、まずは医師とよく相談してください。

シアリスとの併用が禁止されている薬

硝酸剤

シリアスを絶対に服用してはいけないケースがあります。それが、併用禁忌薬と言われるシアリスと一緒に服用することが禁じられている薬を使用中のケースです。たとえば、狭心症などの心臓の病気に用いられるニトログリセリンのような硝酸剤が挙げられます。硝酸剤を使用中の方は、体がどんなに元気でもシアリスを服用できません。服用すると、もしもの場合、重篤な副作用が出る危険性があります。狭心症だけでなく、心臓関連に病気を抱えている場合は特に注意してください。高血圧や低血圧など血圧に病気がある人も、シアリスの服用は危険です。

併用してはいけない理由

シアリスには血圧を降下させる作用があります。先ほど挙げた硝酸剤などの薬にも同様に血圧を降下させる作用があります。これらの薬を同時に使用すると、互いの相乗効果により、通常予想されるより強く作用して、急激に血圧が下がることがあります。悪くするとショックで命を落とす危険性もあるため、絶対に併用してはいけません。硝酸剤には内服薬だけでなく、貼り薬やスプレーもありますが、どれもシアリスとの併用はできません。

数十種類ある併用禁忌薬

シアリスの併用禁忌薬はほとんどが硝酸剤ですが、ほかにも慢性血栓塞栓性肺高血圧症の薬などが併用禁忌薬に指定されています。アデムパム錠という薬がその一つですが、これもシアリスと併用すると症候性低血圧を起こす危険性があります。併用禁忌薬のほとんどは硝酸剤ですが、その種類は何十にも上るので、現在何らかの薬を服用中の方は必ず医師に伝えるようにしてください。