シアリスの耐性は?

シアリスを飲み続けると耐性ができるのか

耐性や依存性はない

シアリスは、有効成分であるタダラフィルの働きによって、勃起を阻害する物質の働きを抑えるとともに血管を拡張させます。それがシアリスの持つEDの治療効果です。タダラフィルは神経に作用する成分ではないので、長期間の使用によって耐性や依存性が生まれることはありません。つまり、シアリスを飲み続けたからといって、だんだん効かなくなるということはないのです。これはバイアグラとレビトラにも当てはまることで、ED治療薬に耐性はありません。

シアリスが効かないと感じる理由

しかし、世間では「シアリスが最近効かなくなった」という声も聞かれます。そういう人は抗生物質や鎮痛剤などと混同しているのでしょう。抗生物質は摂取し続けることで体に抗体ができますし、鎮痛剤は濫用すると慢性的な頭痛を起こします。シアリスもそれらの薬と同じように、飲み続けると徐々に効かなくなると誤解している人はいるようです。確かに、シアリスを飲んでも効き目が感じられにくいということはありますが、それはその時の体調や食事などの影響と考えられます。

シアリスの効果を十分得るために

脂っこいものは避ける

シアリスの効果が感じられないのは、多くの場合、薬を服用する前に食事を取っていることが原因です。バイアグラとレビトラに比べて食事の影響を受けにくいシアリスですが、「受けにくい」というだけで完全に影響がないというわけではないのです。揚げ物など脂っこい食べ物を大量に食べた直後にシアリスを服用すると、食べ物の脂肪分が小腸に油膜を張るため、シアリスの有効成分であるタダラフィルがうまく吸収されません。ですから、なるべく性行為の前の食事は脂っこいものを避けてください。デート先の都合で焼き肉や中華などを食べざるを得ない時は、少なくとも食事の30分前までに服用を済ませておくとよいでしょう。

大量の飲酒は厳禁

アルコールにも注意しましょう。お酒を飲んだ後にシアリスを飲んでも、ほどほどであれば、アルコールのリラックス効果で勃起には良い影響がありますが、泥酔するほど大量に飲むのは厳禁です。脳の神経が鈍るので、勃起しにくくなってしまいます。シアリスを始めとするED治療薬は、強制的に陰茎を勃起させる薬ではなく、あくまで勃起しやすくするための薬であることを覚えておいてください。