シアリスは糖尿病のEDにも効果があるのか?

糖尿病とEDの関係

糖尿病とEDを併発する人は多い

ED患者のなかには、糖尿病を患っている人、もしくは糖尿病予備軍という人が非常に多数です。糖尿病になるのは、年齢、食生活、遺伝、運動不足などさまざまな要因がありますが、そんな人でもシアリスを服用してED治療を行うことは可能です。シアリスだけでなく、バイアグラでもレビトラでも問題ないので安心して服用してください。

糖尿病だとEDになりやすい理由

糖尿病の人はEDになりやすいです。正常に勃起を行うには、脳、神経、血流、陰茎海綿体など各部が正常に機能する必要がありますが、糖尿病ではこれらの箇所に問題が生じるからです。脳が性的刺激を感じると、脳からの信号が陰茎に伝わることによって勃起しますが、糖尿病になるとその神経回路が正常に機能しなくなります。また、陰茎にも直接的な影響があり、糖尿病になると陰茎海綿体の細胞においてeNOSという酵素の働きが低下し、勃起を司る筋肉が弛緩しにくくなります。なかでも大きいのが全身の血管への影響です。糖尿病の典型的な症状に動脈硬化がありますが、陰茎動脈や内腸骨動脈にかけて硬化があると、陰茎海綿体への血流が低下するため勃起機能が大幅に低下します。動脈硬化の影響を最も受けやすいのが勃起機能と言ってもよいぐらいで、逆にEDの症状が、糖尿病などの病気が進行しているサインと見ることも可能です。

糖尿病でもシアリスは有効

診断の方法

ある人のEDが糖尿病に起因するかどうかは、血糖値の管理の指標でもあるヘモグロビンA1c(HbA1c)の数値や、糖尿病を発症してからの期間などによって、動脈硬化の進行具合を推測して判断します。しかし、EDと糖尿病の合併率は非常に高いものなので、すでに十分に勃起しないとか中折れとかの自覚症状があるならば、EDと糖尿病が併発しているものと判断するのがふつうです。糖尿病の人がED治療のために医療機関を受診すると、通常、ヘモグロビンの数値や現在服用中の薬、その他の病気の有無などを確認し、シアリス、バイアグラ、レビトラいずれかのED治療薬を処方して、その経過を観察します。糖尿病の進行具合によってはED治療薬が効きにくいことはありますが、シアリスは高い確率でEDの改善が期待できるでしょう。薬が効きにくい場合は、医師と相談しながら容量を増やして効果を試します。自分の判断で勝手に用量を増やすことはやめてください。