毎日のシアリス服用で前立腺肥大症にも改善が?

シアリスと前立腺肥大症の治療薬

シアリスとザルティア

シアリスの服用で前立腺肥大症にも改善効果が見られるのは本当です。実は、シアリスの有効成分であるタダラフィルは、アメリカでは前立腺肥大症の治療薬として認可されているのです。日本でも、ザルティアという名前で、厚生労働省から前立腺肥大症の排尿障害を治療する薬として認可されています。シアリスもザルティアも一般名称はタダラフィル錠です。つまり、ED治療用に販売される場合はシアリス、前立腺肥大症の治療用に販売される場合はザルティアと、名前と規格などが違うだけで中身は同じ薬なのです。

名前が違う理由

シアリスは、アメリカの製薬会社「イーライリリー社」によって開発されました。それ以来、タダラフィル錠は「シアリス」という名前でEDの治療に用いられてきました。それが、2011年には前立腺肥大症の治療にも使用が許可され、それ以降、アメリカではシアリス5mg錠が前立腺肥大症の治療に処方されています。ところが、日本では、シアリスという名前のままでは前立腺肥大症の治療薬として厚生労働省の認可が得られませんでした。日本はアメリカと違って健康保険制度があるからです。前立腺肥大症の治療用にタダラフィル錠が処方される場合は、日本では健康保険の対象になります。しかし、シアリスは、健康保険の適用外のED治療薬です。ですので、同じ名前のまま前立腺肥大症の治療の時だけ保険の適用とするのには不都合があったのです。そこで、健康保険が適用される薬として厚生労働省の認可を得るために、前立腺肥大症の治療用にザルティアという名前に変更したのでした。

ED治療は保険適用外

シアリスもザルティアも名前が違うだけで同じタダラフィル錠なら、前立腺肥大症を装って診察を受ければ、健康保険の適用を受けてEDの治療ができると考えるかもしれません。しかし、実際にはそんなことは不可能でしょう。厚生労働省も医療関係機関もシアリスとザルティアが名前が違うだけで同じ内容の薬であることは十分承知しています。そのため、前立腺肥大症の治療にザルティアが処方されるのは、病気の症状など厳重な確認が行われ、間違いのないように慎重に判断された場合のみです。EDと前立腺肥大症は症状がまったく異なり、その症状の違いによって一方は健康保険が適用され、もう一方は適用外となることが決められています。そのためにわざわざ名前を変更しているわけですから、EDの治療用としてザルティアを処方してもらうことはできないのです。